新しいものづくりがわかるメディア

RSS


個人の趣味の工作室から業務用まで——卓上型CO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-LT1390」発売

リンシュンドウは、サンマックスレーザーシリーズのCO2レーザー加工機「RSD-SUNMAX-LT1390」の販売を2020年5月15日に開始した。

木材やアクリル板、布、革、紙、ゴム板などの切断や彫刻加工が可能だ。またレーザー加工機専用の金属彫刻材を塗布すれば、金属への彫刻にも対応する。

本体寸法は1880×1460×1060mm。レーザー形式は水冷CO2レーザー管で、レーザー出力は80Wだ。切断可能エリアは1300×900mm、彫刻可能エリアは1250×900mmで、制御用ソフトにはLaserCut 6.1Jを使用する。

布など薄くて柔らかい素材に使用するハニカムテーブル、レーザーの照り返しを防止する切断テーブルの他、レーザー管冷却用の水冷ポンプや加工時のエアーコンプレッサー、臭いを室外へ排出する排送風機/ダクトなどが標準で付属する。パソコンとの連携に必要なケーブル類、専用の制御ソフト、工具も標準装備に含まれる他、オプションで自動水冷機や集じん機を装備可能だ。

LT1390とLT1390 V2の2タイプをラインアップ。V2には自動昇降テーブル(180mm上下可)や彫刻テーブルが付属する他、オートフォーカス/レッドポインターなどの機能が使用可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る