新しいものづくりがわかるメディア

RSS


フェラーリ、人工呼吸器用のバルブと防護マスク用の付属品を製造開始——新型コロナ対応の多企業共同プロジェクト

フェラーリは2020年4月16日、新型コロナウイルス感染症患者を治療する医療従事者を支援する、多企業による共同プロジェクトとして、人工呼吸器バルブと防護マスクの取付具の製造を開始したと発表した。

フェラーリの試作車製造部門が、3Dプリント技術を用いてこれらの熱可塑性部品を製造している。バルブの設計は、ダイビング用品メーカーのマレス(Mares)によるもので、呼吸不全で苦しむ患者を助ける緊急マスク用にデザインされている。プロジェクトの物流は、Nuovamacut Gruppo TeamSystemが担当しており、同社は協力企業の研究支援も行っている。防護マスクの取付具はSolid Energyに提供されており、デカトロン(Decathlon)シュノーケルマスクを、医療従事者向けの保護具として使用する。

今後、フェラーリは数百の部品を製造する計画だ。プロジェクトはイタリア市民保護局の協力を得て、ベルガモ、ジェノバ、モデナ、サッスオーロを含むイタリアの様々な病院や、ボローニャ近郊のメディシーナの町の医療従事者などへの提供が開始されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 最高速度マッハ5以上——DARPA、極超音速巡航ミサイルの飛行試験に成功
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. Raspberry Piを使って味わい深いデジタルトイカメラを作ってみた
  9. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る