新しいものづくりがわかるメディア

RSS


フェラーリ、人工呼吸器用のバルブと防護マスク用の付属品を製造開始——新型コロナ対応の多企業共同プロジェクト

フェラーリは2020年4月16日、新型コロナウイルス感染症患者を治療する医療従事者を支援する、多企業による共同プロジェクトとして、人工呼吸器バルブと防護マスクの取付具の製造を開始したと発表した。

フェラーリの試作車製造部門が、3Dプリント技術を用いてこれらの熱可塑性部品を製造している。バルブの設計は、ダイビング用品メーカーのマレス(Mares)によるもので、呼吸不全で苦しむ患者を助ける緊急マスク用にデザインされている。プロジェクトの物流は、Nuovamacut Gruppo TeamSystemが担当しており、同社は協力企業の研究支援も行っている。防護マスクの取付具はSolid Energyに提供されており、デカトロン(Decathlon)シュノーケルマスクを、医療従事者向けの保護具として使用する。

今後、フェラーリは数百の部品を製造する計画だ。プロジェクトはイタリア市民保護局の協力を得て、ベルガモ、ジェノバ、モデナ、サッスオーロを含むイタリアの様々な病院や、ボローニャ近郊のメディシーナの町の医療従事者などへの提供が開始されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」
  2. Motorola、充電パッド不要のスマートフォンを開発へ
  3. スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売
  4. ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」
  5. グラフェンと異なる、新たな2Dカーボン構造を発見
  6. サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売
  7. 「M5StickC」で電子工作を学ぶ「はじめての『M5StickC』」発刊
  8. Excel方眼紙とM5Stackで文系サラリーマンがドット絵ゲームを自作する
  9. 「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る