新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

スワニーは、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開した。

photo

同社は、2020年4月20日から飛沫や粉塵から顔をガードする作業用フェイスシールドを販売しているが、より多くの人のニーズに応えられるように3Dプリント用データを無料公開することとした。

photo

無料公開データは、販売しているシールドとは異なるデザインで、3Dプリントを前提としたものだ。造形時間を抑え(約1時間)、かつフィラメントでの製作を前提に各パーツの機構設計を行っているとのこと。

photo

STL形式で、フロントフレーム、フレーム右、フレーム左の3Dデータを提供する。3DプリンターはFFF方式で、フィラメントはPLAやABS材料を推奨。テーブル配置や積層ピッチを試した上で、プリントする。

サポート材を除去後、フレーム右と左の軸ヒンジ部分の形状を合わせてフロントフレームの穴に差し込んで、回転しながら組み立てる。嵌合がキツい場合には、ヤスリなどで形状調整してから組み込む。

photo

シールドは、同社で販売している交換用シールド(160円/枚)をそのまま使用できるが、クリアファイルやラミネートフィルムを活用したい人向けに3Dファイルと併せてシールド用図面のPDFファイルも提供している。図面をファイルと併せて切り抜けば、シールドが完成する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る