新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スワニー、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開

スワニーは、作業用フェイスシールドの3Dプリント用データを無料公開した。

photo

同社は、2020年4月20日から飛沫や粉塵から顔をガードする作業用フェイスシールドを販売しているが、より多くの人のニーズに応えられるように3Dプリント用データを無料公開することとした。

photo

無料公開データは、販売しているシールドとは異なるデザインで、3Dプリントを前提としたものだ。造形時間を抑え(約1時間)、かつフィラメントでの製作を前提に各パーツの機構設計を行っているとのこと。

photo

STL形式で、フロントフレーム、フレーム右、フレーム左の3Dデータを提供する。3DプリンターはFFF方式で、フィラメントはPLAやABS材料を推奨。テーブル配置や積層ピッチを試した上で、プリントする。

サポート材を除去後、フレーム右と左の軸ヒンジ部分の形状を合わせてフロントフレームの穴に差し込んで、回転しながら組み立てる。嵌合がキツい場合には、ヤスリなどで形状調整してから組み込む。

photo

シールドは、同社で販売している交換用シールド(160円/枚)をそのまま使用できるが、クリアファイルやラミネートフィルムを活用したい人向けに3Dファイルと併せてシールド用図面のPDFファイルも提供している。図面をファイルと併せて切り抜けば、シールドが完成する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る