新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドラッグアンドドロップでプログラミングを学べる——STEM教育向けロボット「STEMBoT 2」

STEM教育向けロボット「STEMBoT 2」がKickstarterに登場し、人気を集めている。各種センサーやロボットクローを備えた2輪走行ロボットと、オンライン学習できるプログラミング教材などのセットだ。

photo

STEMBoT 2のプログラミングは、初心者でも使いやすいPythonとC言語に対応する。また、4歳からでも始められるドラッグアンドドロップによるモバイルプログラミングアプリケーション「STEMBoT Commander」も提供する。

photo

本体には、ドライバー回路内蔵のステッピングモーター×2、フルカラーの3.5インチLCD、プログラマブルマルチカラーLED、圧電ブザー、「Plug and Play」モジュール用UEXTポート×3、ロボットクロー用サーボポート×4、プログラマブルスイッチ×5を搭載する。アクセサリーに、カスタムエンクロージャー、センサー(温度、加速度計)、Plug and Playモジュール(LEDイルミネーション、7セグメントディスプレイ、LED円周アレイ)を用意している。

他にも、オンライン教育用ツール、センサー(圧力、超音波、フォトレジスタ、湿度、磁気)、Plug and Playモジュール(デジタルコンパス、ポテンショメーター、Bluetooth、MP3オーディオ、IRリモート)、ロボットクロー、カスタムシャーシ、バンパーを開発中だ。

photo

STEMBoT 2の予定小売価格は500ドル(約5万3900円)で、今なら数量限定早割価格300ドル(約3万2300円)で入手できる。本体の他、カスタムリモコン、Plug and Playモジュール×2、充電器、ステッカー、Pythonプログラミングレッスンのトライアルが付属する。2020年10月の出荷を予定しているが、今のところ日本への出荷には未対応だ。

STEMBoT 2は、2020年6月7日までクラウドファンディングを実施中。5月27日時点で、6000ドル(約65万円)の目標額を上回る約1万1000ドル(約118万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  7. 電池無しでLEDが光る——FLASH iPhone 12シリーズ用ケース「東京回路線図」発売
  8. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  9. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  10. 立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る