新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドラッグアンドドロップでプログラミングを学べる——STEM教育向けロボット「STEMBoT 2」

STEM教育向けロボット「STEMBoT 2」がKickstarterに登場し、人気を集めている。各種センサーやロボットクローを備えた2輪走行ロボットと、オンライン学習できるプログラミング教材などのセットだ。

photo

STEMBoT 2のプログラミングは、初心者でも使いやすいPythonとC言語に対応する。また、4歳からでも始められるドラッグアンドドロップによるモバイルプログラミングアプリケーション「STEMBoT Commander」も提供する。

photo

本体には、ドライバー回路内蔵のステッピングモーター×2、フルカラーの3.5インチLCD、プログラマブルマルチカラーLED、圧電ブザー、「Plug and Play」モジュール用UEXTポート×3、ロボットクロー用サーボポート×4、プログラマブルスイッチ×5を搭載する。アクセサリーに、カスタムエンクロージャー、センサー(温度、加速度計)、Plug and Playモジュール(LEDイルミネーション、7セグメントディスプレイ、LED円周アレイ)を用意している。

他にも、オンライン教育用ツール、センサー(圧力、超音波、フォトレジスタ、湿度、磁気)、Plug and Playモジュール(デジタルコンパス、ポテンショメーター、Bluetooth、MP3オーディオ、IRリモート)、ロボットクロー、カスタムシャーシ、バンパーを開発中だ。

photo

STEMBoT 2の予定小売価格は500ドル(約5万3900円)で、今なら数量限定早割価格300ドル(約3万2300円)で入手できる。本体の他、カスタムリモコン、Plug and Playモジュール×2、充電器、ステッカー、Pythonプログラミングレッスンのトライアルが付属する。2020年10月の出荷を予定しているが、今のところ日本への出荷には未対応だ。

STEMBoT 2は、2020年6月7日までクラウドファンディングを実施中。5月27日時点で、6000ドル(約65万円)の目標額を上回る約1万1000ドル(約118万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  9. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る