新しいものづくりがわかるメディア

RSS


建設現場のテレワークも——ARAV、建設機器を遠隔操作できる「建機Webコントローラー」を開発

東京大学発のスタートアップARAVが、インターネット経由で遠隔操作が可能な「建機Webコントローラー」の実証実験に成功、事業化を開始すると発表した。

photo

建機Webコントローラーは、ARAVと富士建、ビスペルの共同開発による遠隔操作システム。遠隔装置を建設機械に取り付け、インターネット経由でノートPC、スマートフォンまたは専用コントローラーからリアルタイムで操作するものだ。遠隔装置はメーカーや機種を問わず既存の建設機械に後付けできる。装置本体に通信用SIMを搭載しているので、携帯電話回線が通じるエリアであれば利用できる。

photo

同社らは静岡県富士市に1/14スケールモデルを用意して、東京都や滋賀県、福岡県などからリアルタイムでの遠隔操作の要素技術検証を実施。検証後の要素技術を油圧ショベルの実機に実装して正常動作することが確認できたため事業化に踏み切った。

photo

スマートフォンのみで操作できるが、ノートPCから操作することで複数モニターでの画像確認が可能。また、専用の簡易コントロールルームを設置することでオペレーターの負担を軽減できるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  7. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  8. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」
  9. ハンディ3Dスキャナー「Einstar」のプロジェクト、Makuakeで開始
  10. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る