新しいものづくりがわかるメディア

RSS


積み重ねて機能を追加できる——カスタム基板開発セット「SNAP Boards」

基板の追加や交換が簡単にできるカスタム基板開発セット「SNAP Boards」がKickstarterに登場し、バッカーを募っている。

SNAP Boardsは、カスタム基板の作成と試験を容易に行えるように考えられた開発セット。周囲光センサー(ALS)、ジャイロセンサー、加速度センサー、温度/気圧センサー、ジョイスティックコントローラー(HMI)、リアルタイムクロック(RTC)といった6つのモジュールがあり、これらを搭載するプリント基板(PCB)の開発に使うことができる。

SNAP Boards

開発セットにはモジュールのフットプリントが含まれており、PCB設計ツール上でライブラリからドラッグアンドドロップして自作回路と接続すれば、カスタム基板を作ることができる。SNAP Boardsのピン配列はeBUS標準に準拠している。対応するPCB設計ツールは、Altium Designer、Autodesk Eagle、KiCadだ。

SNAP Boards

試験に使うアタッチメント基板には、Arduinoと同じ8ピンのスタッカブルヘッダーが使われているので、ロジックアナライザーやTTLレベルのシリアルケーブルを接続したり、複数のSNAP Boardsを積み重ねて接続したりできる。通信はデフォルトでI2Cに対応。ジャイロセンサー、加速度センサー、温度/気圧センサーを搭載するSNAP BoardはSPI通信も可能だ。SDA/SCLピンにはプルアップ抵抗(4.7kΩ)がはんだ付けされている。

SNAP Boards
SNAP Boards

SNAP Boardsの早期割引価格は、27ユーロ(約3300円)。6つのモジュールの内いずれか1つを搭載したボードと各PCB設計ツール用のフットプリントが含まれる。HMI搭載ボード×1とRTC搭載ボード×1を含むセットは57ユーロ(約6800円)で、各センサーモジュールをそれぞれ搭載した合計4つのボードを含むセットは99ユーロ(約1万2000円)だ。出荷は2020年6月の予定だが、早期割引価格の日本への送料は未定のようだ。

SNAP Boardsは500ユーロ(約6万円)を目標に、2020年6月18日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」
  2. Motorola、充電パッド不要のスマートフォンを開発へ
  3. スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売
  4. ロボットを自律走行化する——360°センシング可能なLiDARセンサー「LD-AIR LiDAR」
  5. グラフェンと異なる、新たな2Dカーボン構造を発見
  6. サイズわずか18×32mm——Mouser Electronics、ESP32搭載無線通信モジュール「TinyPICO」発売
  7. 「M5StickC」で電子工作を学ぶ「はじめての『M5StickC』」発刊
  8. Excel方眼紙とM5Stackで文系サラリーマンがドット絵ゲームを自作する
  9. 「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン
  10. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る