新しいものづくりがわかるメディア

RSS


炭素繊維強化ナイロン素材に対応——FDM方式3Dプリンター「METHOD CARBON FIBER EDITION」

丸紅情報システムズが、NYLON CARBON FIBERモデル材料に対応した3Dプリンターの新機種「METHOD CARBON FIBER EDITION」/「METHOD X CARBON FIBER EDITION」の取り扱いを開始した。

photo 「METHOD CARBON FIBER EDITION」
photo 「METHOD X CARBON FIBER EDITION」

両モデルは、MakerBotのFDM方式3Dプリンター「METHOD」/「METHOD X」に、NYLON CARBON FIBERモデル材料に対応する新型造形ヘッドを搭載したもの。NYLON CARBON FIBERモデル材料は、炭素繊維強化ナイロンを使用したモデル材料で、強度、剛性、耐熱性に優れており、構造体や金属部品の代替用途としての活用が期待されている。

photo

METHOD/METHOD Xは、造形室内を密閉して温度制御できる加熱ビルドチャンバーを搭載しており、造形の品質や安定性が向上。マニュファクチャリングツールや最終製品の代替部品を造形することも可能だ。

METHOD CARBON FIBER EDITIONおよびMETHOD X CARBON FIBER EDITIONの主な仕様(共通部分)は、システムサイズが437×413×649mmで重量が29.5kg。最大造形サイズは、シングルヘッドモード時が190×190×196mm、デュアルヘッドモード時が152×190×196mmとなる。積層ピッチは20~400μmだ。

photo

METHOD CARBON FIBER EDITIONの造形材料がNYLON CARBON FIBER、Tough、NYLON、PETG、PLAでサポート材料がPVA(水溶性サポート材料)。METHOD X CARBON FIBER EDITIONの造形材料はNYLON CARBON FIBER、Tough、NYLON 、PETG 、PLA、ABS、ASA、PC-ABS、PC-ABS FRで、サポート材料がSR-30、PVA(同上)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る