新しいものづくりがわかるメディア

RSS


RUTILEA、AI外観検査に適した撮像手法の開発とハードウェアの販売を開始

油の付着したベベルギヤ撮像し、セグメンテーションアルゴリズムを適用した結果

RUTILEAは2020年6月19日、外観検査AIに最適な撮像手法を開発し、AI外観検査の高精度化を実現したと発表した。

同社は外観検査に必要なアルゴリズムの統合ソリューション「SDTest」を展開している。今回開発したAI最適化撮像により、アルゴリズムの工夫だけでは困難なワークでも外観検査の自動化が可能となる。

これまでのAI技術だけでは、傷や打痕がワーク表面の汚れ/油の影響により検出できないという課題があった。

同社は適用したいアルゴリズムに適した撮像手法を開発し、例えば撮像の難しいフィルム形状ワークでのスクラッチ傷の可視化や、油の付着したベベルギヤに対して同撮像手法を適用して打痕をセグメンテーションした結果を画像で確認できるようにした。

この手法は、ダイカスト製品、樹脂製品、電子部品、ガラス製品、プリント基板、化粧品など複数に対しても有効だという。

今後は自社開発のハードウェアとして、同撮像アルゴリズムを導入した外観検査向けカメラを同年8月から販売予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  3. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  6. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  9. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  10. 紫外線照射でゴム状に硬化、乾燥時間いらずの接着剤「UVBondyゴム状硬化」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る