新しいものづくりがわかるメディア

RSS


国内4拠点目のFabCafe——「FabCafe Nagoya」が2020年秋オープン

FabCafeを運営するロフトワークは、OKB 大垣共立銀行のグループ会社OKB総研と協働で、FabCafeとして世界で12拠点目となる「FabCafe Nagoya(ファブカフェ ナゴヤ)」を、2020年秋にオープンする。

photo

場所は、名古屋市栄地区にある久屋大通公園にできる「Hisaya-odori Park(ヒサヤオオドオリパーク)」内で、国内では4拠点目となる。

2012年東京で誕生したFabCafeは、人々の創造性を引き出す場として、誰でも自由にものづくりができるよう、レーザーカッターや3Dプリンターなどのデジタルファブリケーションマシンを設置。そこに集う人々の交流を促し、コミュニティ形成を目指しているのが特徴だ。

FabCafe Nagoyaは、自動車産業をはじめとするさまざまな産業が集積する世界有数のものづくり地域である東海エリアの中心地で、卓越した技術と生産性を誇る製造業がクリエイティブと出会う架け橋となり、共創による新たな価値が創出されることを目指すとしている。

photo

内装デザインは、数々のデザインアワードや建築賞を受賞する谷尻誠+吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICEが手掛けた。公園に面したカフェの内装は、公園との一体感が生まれるよう工夫し、木材をふんだんに取り入れた。製材や家具製作の過程で切り捨てられてしまう「広葉樹の耳」の部分を活用した天井架構が見どころだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る