新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子回路とコーディングを学ぶ——学校教育向けSTEM学習キット「DuinoKit」

ArduinoベースのSTEM学習キット「DuinoKit」と教師向けガイドなどのセットがKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

STEM教育の重要性は高まっているが、体系的に教えられる教材や教師の不足が指摘されている。その課題を解決するためにアメリカのクリエイターが、学習者と教師向けのキットの開発に取り組んでいる。

photo

キャリーケースの中に基板や部品などが一式揃った「DuinoKit」は、Arduino NANO互換のマイクロプロセッサー、3軸加速度センサー「ADXL345」、超音波距離センサー、IRリモコン、PS2ジョイスティックモジュールといった様々なコンポーネントやモジュールで構成される。はんだ付けは不要で、LEDやリレー、ブザー、IRデコーダー、モーター、光/サウンドセンサー、LCDディスプレイなどを使ったさまざまなプロジェクトを、マニュアルを参照しながら作成できる。DuinoKitを使うには、Windows/Mac/iOS/Linux対応PCが必要だ。

photo

マニュアルはユニット1~10で構成される。Arduinoやコーディング、電子部品の基礎から、DuinoKitの使い方、プロジェクトの進め方などを丁寧に説明しており、楽しみながら簡単に学ぶことができる。またバッカーには、オープンソースのeラーニングプラットフォーム「Moodle」を利用したオンラインクラスも提供する予定だ。

DuinoKitを含むフルパッケージの学習キットを、今なら数量限定の早割価格200ドル(約2万1500円)で提供する。2020年11月の出荷を予定しており、85ドル(約9150円)で日本の出荷にも対応する。2020年7月20日までクラウドファンディングを実施しており、7月14日時点で、2万2000ドル(約237万円)の目標額に対して約8400ドル(約90万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る