新しいものづくりがわかるメディア

RSS


絶えず変形する臓器にセンサーを直接3Dプリントする技術

Credit: McAlpine Research Group, University of Minnesota

膨張収縮する臓器にセンサーを直接3Dプリントできる技術が、米ミネソタ大学ツインシティー校で開発された。これを応用すれば、将来的には新型コロナウイルス感染症に苦しむ患者の肺の診断やモニタリングも可能だという。

新開発された技術は、研究チームのメンバーが2018年に発表した、動く手の皮膚に電子回路をプリントする技術を発展させたものだ。新しい技術では、映画撮影で使われるようなモーションキャプチャー技術を用い、プリントしたい表面の動きをリアルタイムで推定して3Dプリントする。この新技術により、肺や心臓など拡張や収縮により形状が変化する臓器の表面にセンサーを3Dプリントすることが可能になる。

研究チームは、まずバルーン状の表面にモーションキャプチャーのトラッキングマーカーを配置し、専用3Dプリンターがプリントパスをその表面の伸縮する動きに合わせられるようにした。その後、研究者たちは、研究室で人工的に膨らませた動物の肺の表面にソフトハイドロゲルのセンサーをプリントすることに成功した。

この研究の上位研究者であるMichael McAlpine教授によれば、将来この技術を使って、動いている心臓にセンサーを3Dプリントすることも可能になるという。研究成果は、アメリカ科学振興協会(AAAS)が発行するオンラインジャーナル『Science Advances』に2020年6月17日付で掲載されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る