新しいものづくりがわかるメディア

RSS


熱中症の危険度を自動的にLineに通知——スペクトラム・テクノロジー、「Lineと連携した熱中症警報IoT開発キット」発売

スペクトラム・テクノロジーは、Raspberry Piと温湿度センサーを使い、IFTTTを経由して熱中症の危険度をLineに自動的に通知する「Lineと連携した熱中症警報IoT開発キット」を発売した。

photo

同キットは、温湿度センサーで取得した温度と湿度を基に暑さ指数(WBGT)を算出。熱中症の危険度(危険、厳重警戒、警戒、注意の4段階)と温度および湿度を定期的にLineに通知する。

photo

LinuxやPythonの初心者でも、半日程度の設定作業で利用開始でき、通知時刻や曜日、間隔をユーザーでカスタマイズできるのが特徴だ。別売りのモバイルバッテリーを利用すると約1日屋外で動作する。

photo

キット内容は、Raspberry Pi 3 model B+、温湿度センサー(BOSCH BME280)、ケース(白、黒、透明から選択)、microSD 32GB、マニュアル、プログラム(Python)で、USB電源ケーブルやHDMIケーブル、バッテリーなどは別売りだ。14日間の無料運用サポートが付属する。

価格は3万1000円(税別)で、熱中症対策が必要な人や工事現場、工場、学校などの屋外活動を行う人、またLineを使ったIoT開発を初めて行う人などを対象としている。追加オプションで換気センサーや雷センサーをLineと連携させるキットも用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る