新しいものづくりがわかるメディア

RSS


熱中症の危険度を自動的にLineに通知——スペクトラム・テクノロジー、「Lineと連携した熱中症警報IoT開発キット」発売

スペクトラム・テクノロジーは、Raspberry Piと温湿度センサーを使い、IFTTTを経由して熱中症の危険度をLineに自動的に通知する「Lineと連携した熱中症警報IoT開発キット」を発売した。

photo

同キットは、温湿度センサーで取得した温度と湿度を基に暑さ指数(WBGT)を算出。熱中症の危険度(危険、厳重警戒、警戒、注意の4段階)と温度および湿度を定期的にLineに通知する。

photo

LinuxやPythonの初心者でも、半日程度の設定作業で利用開始でき、通知時刻や曜日、間隔をユーザーでカスタマイズできるのが特徴だ。別売りのモバイルバッテリーを利用すると約1日屋外で動作する。

photo

キット内容は、Raspberry Pi 3 model B+、温湿度センサー(BOSCH BME280)、ケース(白、黒、透明から選択)、microSD 32GB、マニュアル、プログラム(Python)で、USB電源ケーブルやHDMIケーブル、バッテリーなどは別売りだ。14日間の無料運用サポートが付属する。

価格は3万1000円(税別)で、熱中症対策が必要な人や工事現場、工場、学校などの屋外活動を行う人、またLineを使ったIoT開発を初めて行う人などを対象としている。追加オプションで換気センサーや雷センサーをLineと連携させるキットも用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  5. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  6. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  7. パナソニック、「Vieurekaカメラ スターターキット」発売——マルツと共立エレでオンライン限定
  8. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  9. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021
  10. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る