新しいものづくりがわかるメディア

RSS


熱中症の危険度を自動的にLineに通知——スペクトラム・テクノロジー、「Lineと連携した熱中症警報IoT開発キット」発売

スペクトラム・テクノロジーは、Raspberry Piと温湿度センサーを使い、IFTTTを経由して熱中症の危険度をLineに自動的に通知する「Lineと連携した熱中症警報IoT開発キット」を発売した。

photo

同キットは、温湿度センサーで取得した温度と湿度を基に暑さ指数(WBGT)を算出。熱中症の危険度(危険、厳重警戒、警戒、注意の4段階)と温度および湿度を定期的にLineに通知する。

photo

LinuxやPythonの初心者でも、半日程度の設定作業で利用開始でき、通知時刻や曜日、間隔をユーザーでカスタマイズできるのが特徴だ。別売りのモバイルバッテリーを利用すると約1日屋外で動作する。

photo

キット内容は、Raspberry Pi 3 model B+、温湿度センサー(BOSCH BME280)、ケース(白、黒、透明から選択)、microSD 32GB、マニュアル、プログラム(Python)で、USB電源ケーブルやHDMIケーブル、バッテリーなどは別売りだ。14日間の無料運用サポートが付属する。

価格は3万1000円(税別)で、熱中症対策が必要な人や工事現場、工場、学校などの屋外活動を行う人、またLineを使ったIoT開発を初めて行う人などを対象としている。追加オプションで換気センサーや雷センサーをLineと連携させるキットも用意されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る