新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Apple watchでウインカーを制御できる——ロードバイク用ヘルメット「Lumos Ultra」がKickstarterで2億円超

ヘッドライトやウインカーを内蔵した自転車用ヘルメット「Lumos Ultra」がKickstarterに登場し、出品後わずか4分で目標額を達成する人気を集めている。

photo

Lumos Ultraは、2015年にKickstarterで人気を集め、Appleストアでも販売された「Lumos」の後継機。前モデルより軽量化し、自分の位置や行きたい方向をよりアピールしやすいヘルメットとなって登場した。

photo

ライトのオンオフはヘルメット後部のボタンを押すだけで良く、点灯、点滅の切り替えもできる。

photo
photo

ウインカーは、ハンドルに取り付けたリモコンから操作でき、Apple watchであればハンドサインとウインカーを連動させることも可能だ。

photo

通気性も良く、防水規格IPX6にも対応している。オプションで、日差しや雨から守るバイザーや、頭部の保護を高める安全装備「MIPS」も追加できる。

photo

子どもから大人まで対応できるように、サイズはS(51~55cm)、M-L(54~61cm)、XL(61~65cm)の3種類を用意し、調整ダイヤルも付いている。カラーバリエーションも豊富だ。重さは370g程度としている。

photo

ヘルメットにはバッテリーを内蔵し、USB-Cケーブルから1回2~3時間の充電で、10時間以上駆動する。ハンドルリモコンは電池(CR2032)交換式だ。

photo
photo

早割価格は79ドル(約8500円)。ヘルメット本体とリモコン、充電ケーブルなどが付属する。出荷は2020年11月の予定だが、現時点では日本への発送に対応していない。

Lumos Ultraは、2020年7月20日までクラウドファンディングを実施中。7月16日時点で実に200万ドル(約2億2400万円)を超え、目標額6万ドル(約646万円)を大きく上回る資金を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る