新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソラコム、冠水検知IoTシステム向けのデバイスと活用レシピを提供開始

ソラコムは同社の「SORACOM IoTストア」において、冠水検知IoTシステムに必要な産業用デバイスと、それらを利用してシステム構築するためのレシピの提供を開始した。

photo

今回発売するのは、冠水検知IoTシステム向けに手軽に設置できる「ドライコンタクトコンバータ」と「冠水センサー」だ。

photo ドライコンタクトコンバータ(OPTEX製)

ドライコンタクトコンバータ(OPTEX製)はIP65相当の防水防塵性能を備え、低消費電力かつ遠距離通信が可能なSigfoxによる屋外長期設置型デバイスだ。専用リチウム電池によって約5年稼働(通信回数1日10回の場合)する。価格は1万4980円(税別)で、SORACOM Air for Sigfoxの契約事務手数料、および1年分の通信料金(1440円)が含まれる。

photo 冠水センサー(Watty製HL-MC1A)

冠水センサー(Watty製HL-MC1A)は一定以上の水位で接点出力がオンになるセンサーだ。金属カバーによってフロートの摺動を保護することで外部からのダメージを軽減し、屋外での長期設置に適している。価格は8万円(税別)だ。

同社によると、冠水検知のためのIoTシステム構築には、センサーや設置場所に適したデバイスの選定、実際の設置や電源の確保、さらにデータの収集や分析のためのアプリケーション開発など、さまざまな専門知識が必要になる。

そこで製品発売と同時に、デバイスの接続から設置、データ収集、ダッシュボードを利用した可視化、さらにアラート通知設定の方法などを解説したレシピを、「IoT DIYレシピ」として公開する。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る