新しいものづくりがわかるメディア

RSS


市販の協働ロボットを利用可能——モーションリブ、力触覚情報を双方向に伝送する遠隔操作システムを開発

モーションリブは、汎用力触覚ICチップ「AbcCore」により、市販の協働ロボットを使って力触覚を双方向に伝送する遠隔操作システムを開発した。

このシステムを利用することにより、市販の協働ロボットで「作業者の力加減を伴う動作」「作業対象のモノの感触」といった、力触覚情報を双方向に伝送する遠隔操作システムを構築可能だ。また、協働ロボットの力加減を直感的に操作できるため、離れた場所から安全かつ柔軟な遠隔作業を実行できる。

AbcCoreはリアルハプティクスをモジュール化し、リアルタイムな力加減の計測と制御を可能とする力触覚ICチップだ。力加減をデータ化して遠隔地に伝送することで双方向に力触覚を伝え合うこともでき、力推定アルゴリズムにより力センサーの設置が不要だ。また、高い汎用性を有するのも特徴で、市販のアクチュエーター/機器を使用した力の制御にも対応する。

これまで力触覚を有する遠隔操作システムをAbcCoreで構築するためには、専用の装置を製作する必要があった。同システムは市販の協働ロボットをそのまま活用できるため、短期間で力触覚伝送機能を有する遠隔操作システムを構築できることが強みだ。

ロボットアームの設計/製作期間の短縮に加え、協働ロボットの特性を踏襲した安全性や、市販の協働ロボットに準じた出力/サイズ/自由度のバリエーションを持たせられる点もメリットだ。

なお同システムは、慶應義塾大学が運営する産学連携の協議会「リアルハプティクス技術協議会」の加盟企業との共同研究開発の中で提供を開始する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る