新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチエデュケーション、7個のMESHブロックを同時に充電できる「MESHブロック用充電器」を発売

スイッチエデュケーションは2020年7月16日、ワイヤレス電子ブロック「MESH」用の「MESHブロック用充電器」の販売を開始した。

この充電器で、最大7個のMESHブロックを同時に充電できる。充電確認用のLEDも搭載されており、ケース裏面の穴から充電状況が確認可能だ。

MESHはソニーの新規事業創出プログラムから生まれた、無線でつながるハードウェアブロックと、専用アプリ内のソフトウェアブロックを組み合わせたプラットフォーム。2015年1月にIndiegogoで資金調達を開始し、694万円以上を集めて製品化された。2017年12月にはRaspberry Piに対応したMESHハブアプリを配布開始。当初はiOSおよびAndroidにのみ対応していたが、2018年6月にはWindows版アプリの提供も開始した。

MESHブロック用充電器はスイッチサイエンスのウェブショップで、8140円(税込)で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る