新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電球開発当初のフィラメント形状を再現——レトロ感漂うデザインLED 「Trad」

白熱電球のようなレトロ感が漂うデザインLED電球「Siphon(サイフォン)」シリーズの第3弾として、電球開発当初のフィラメント形状を再現したLED「Trad」がMakuakeに登場し、出資を募っている。

Siphonは2014年、Makuakeでクラウドファンディングを実施し、目標金額(162万円)の約9倍以上に当たる1550万円以上を集めて話題になった。第2弾となる船舶モチーフの大型モデル「Grande(グランデ)」も、2016年~2017年にわたってクラウドファンディングを実施し、目標金額(54万円)の4倍以上となる220万円以上を集めている。

Tradの最大の特徴は、電球が開発された当初の形状に近い特徴的なフィラメント型を再現していることだ。一般的な電球に比べ光量が低いため、読書灯や間接照明、デスクライトや就寝前のベッドサイドで利用でき、非点灯時にはインテリアとしても機能する。

ラインアップは、バルブ電球の形状を再現したLDF100/The Bulb、ガラス部分に着色がなされたLDF101/Edison、ボール電球タイプのLDF102/Ball 95の3種類。販売予定価格は5500円だが、 Makuakeでは3500円などの早期割引適用価格で提供される。ライトスタンドとセットでの購入も可能だ。

Tradは、2020年9月29日までクラウドファンディングを実施する。目標金額は30万円だが、8月7日の時点ですでに達成しており、37万7000円を集めている。発送は2020年11月中を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る