新しいものづくりがわかるメディア

RSS


室内環境データを高精度に取得——Raspberry Pi用室内空気質センサーHAT「AES-RHSEN-ZM44-G」

Avnetは2020年8月13日、Raspberry Pi用室内空気質センサーHAT「AES-RHSEN-ZM44-G」を発売した。Raspberry Pi model B+に対応し、アメリカでの販売価格は49.95ドル(約5300円)だ。

AES-RHSEN-ZM44-Gは、Renesas製空気質センサー「ZMOD4410」モジュールを搭載するセンサーHAT。屋内の環境データを高精度に測定でき、エアー/ヘルスモニタリングシステムやスマートホーム機器などのラピッドプロトタイピングに適している。

ZMOD4410センサーは、空気中の総揮発性有機化合物(TVOC)の濃度を、10億分の1(ppb)~100万分の1(ppm)の精度で測定でき、空気質モニタリングにおいて重要な指標となる二酸化炭素濃度相当値(eCO2)の算出も可能だ。センサーは電気/化学的(ガス)にテスト済みで、校正値は内蔵の不揮発性メモリに記録されている。

ZMOD4410センサーに加え、HATは高精度な温湿度センサー「HS3001」やソフトウェア制御のステータスLEDも搭載。さらにZMOD4410の有効電力消費を測定できる接続ポイントも備え、拡張バッテリーで動作する構成にも対応しやすくなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る