新しいものづくりがわかるメディア

RSS


協働型自律搬送ロボットを提供開始——困難だったロボットによるフロア間の搬送が可能に

フジテックスが、 ForwardX Roboticsの協働型自律搬送ロボットの提供を開始した。同製品を利用すれば、エレベーターとのシステム連携により、これまでロボットでは難しかったフロア間移動による搬送が可能になるという。

ForwardX Roboticsの協働型自律搬送ロボットは、工場などの施設内を画像認識技術で最短2時間でマッピングし、人や障害物と接触せずに自動走行できる。運用中に施設内の設備変更があった場合は、ルート変更や最適ルートの選択が可能だ。本製品の導入により、大幅な省人化が可能になるという。

ForwardX Roboticsは、元オラクルのNicolas Chee氏が2016年に設立したスタートアップだ。同社によると、140の特許出願と180以上のチームを有し、120名のエンジニアを擁している。ロボットビジョンや自動運転技術などの技術力が強みで、持ち主をAIで自動追尾するスーツケース「Ovis」を開発している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る