新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビットキー、IoT宅配ボックスをパナソニックと共同開発——ソフトバンクと実証実験へ

ビットキーが、IoT宅配ボックスをパナソニックと共同開発したと発表した。同製品は、ソフトバンクが2020年度中の事業化を目指すIoT宅配ボックスサービスの実証実験に供給するという。

開発されたIoT宅配ボックスは、Bluetoothによりスマートフォンから解錠できる。ビットキーが開発したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」の活用により、高セキュリティなデジタル認証が可能なため、宅配ボックス開閉時の安全性を確保することが可能だ。

ユーザー自身で設置できる接着施工を採用しているため、電動工具を使用せずに固定でき、盗難や強風などによる転倒を防げる。また、リブ設計による耐衝撃性と耐荷重性の高い構造に加え、耐候性に優れる樹脂を採用しており、高い耐久性を備えている。

ソフトバンクの実証実験では、同社の社員を対象に簡易設置型IoT宅配ボックスと専用アプリを提供し、システムの実用性や利便性を検証する。将来的にはソフトバンクのサービスとして、初期費用不要のサブスクリプションモデルでの展開を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る