新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界中のラジオ放送が聴ける地球儀「RadioGlobe」

世界中のラジオ放送が聴ける地球儀「RadioGlobe」が話題を呼んでいる。

インターネットラジオを使うと、世界各地のラジオ放送を聴くことができる。しかし、ネット上に夜空の星を散りばめたように存在する無数の放送局の中から聴きたい局を探し出すのは案外手間がかかる。そこで活躍するのが、このRadioGlobeだ。

RadioGlobe

RadioGlobeを使えば、地球儀を回して特定の国や都市をポイントするだけで、そこでラジオ放送されているニュースや音楽番組などを聴くことができる。RadioGlobeにはインテリア性もあり、居間や書斎に普通の地球儀の代わりに置くのも良いだろう。

RadioGlobe

RadioGlobeは、設計エンジニア向けコミュニティサイト「DesignSpark」設立10周年を祝して作られたDIYプロジェクトだ。部品表と作り方の解説はInstructablesで、ソフトウェアコードはGitHubで公開されている。

RadioGlobe
RadioGlobe

RadioGlobeは、市販の直径20cmの地球儀を台座から外し、高精度ロータリーエンコーダーの付いたサポートに取り付けて作る。台座になるRaspberry Piベースのインターネットラジオがロータリーエンコーダーから地球儀上の位置を読み取り、そこにあるラジオ局にチューニングして音を流す仕組みだ。ポイントした緯度や経度、チューニングした局名やラジオ局のある国名などの情報は台座前面のLCDに表示される。

RadioGlobeをデザインしたJude Pullen氏は、新型コロナウイルスが世界を席巻している現在、RadioGlobeを使って世界各地の音楽を楽しむだけでなく、英BBCのようにメジャーな放送局以外に、他の国や地域、例えば南アフリカのトークラジオ局のDJが同じ話題についてどう話しているか耳にするのは価値があることだとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る