新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界中のラジオ放送が聴ける地球儀「RadioGlobe」

世界中のラジオ放送が聴ける地球儀「RadioGlobe」が話題を呼んでいる。

インターネットラジオを使うと、世界各地のラジオ放送を聴くことができる。しかし、ネット上に夜空の星を散りばめたように存在する無数の放送局の中から聴きたい局を探し出すのは案外手間がかかる。そこで活躍するのが、このRadioGlobeだ。

RadioGlobe

RadioGlobeを使えば、地球儀を回して特定の国や都市をポイントするだけで、そこでラジオ放送されているニュースや音楽番組などを聴くことができる。RadioGlobeにはインテリア性もあり、居間や書斎に普通の地球儀の代わりに置くのも良いだろう。

RadioGlobe

RadioGlobeは、設計エンジニア向けコミュニティサイト「DesignSpark」設立10周年を祝して作られたDIYプロジェクトだ。部品表と作り方の解説はInstructablesで、ソフトウェアコードはGitHubで公開されている。

RadioGlobe
RadioGlobe

RadioGlobeは、市販の直径20cmの地球儀を台座から外し、高精度ロータリーエンコーダーの付いたサポートに取り付けて作る。台座になるRaspberry Piベースのインターネットラジオがロータリーエンコーダーから地球儀上の位置を読み取り、そこにあるラジオ局にチューニングして音を流す仕組みだ。ポイントした緯度や経度、チューニングした局名やラジオ局のある国名などの情報は台座前面のLCDに表示される。

RadioGlobeをデザインしたJude Pullen氏は、新型コロナウイルスが世界を席巻している現在、RadioGlobeを使って世界各地の音楽を楽しむだけでなく、英BBCのようにメジャーな放送局以外に、他の国や地域、例えば南アフリカのトークラジオ局のDJが同じ話題についてどう話しているか耳にするのは価値があることだとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る