新しいものづくりがわかるメディア

RSS


シンテゴンテクノロジー、伸縮性のある紙材を使った立体成型充填機「TPU1000」発売

シンテゴンテクノロジーは、伸縮性のある紙材を利用することで紙による立体成形を可能にする充填機「TPU1000」を発売した。

photo

同社によると、環境に配慮した容器包装の開発が世界的に進んでいるが、紙や単一プラスチック素材の包装は、複合プラスチックと比較して伸張性が低かったり、接着面の温度制御が難しいために高度な包装技術が必要だという。

photo

TPU1000は、スウェーデンの製紙メーカー、ビルルドクロスナスが開発した伸張性のある紙「FibreForm」を用いることで、紙による立体成型包装を可能にした。金型によるプレス加工から製品充填、トップシール、カットまでの一連の工程をTPU1000のみで完了することができる。

TPU1000によって従来では難しかった製品と包装が一体になったような新しいデザインが可能になり、化粧品や食品、電気小物をはじめとするさまざまな産業での活用が期待されるとしている。

photo

また、TPU1000はモジュール構造を持っており、環境負荷の少ない「成型紙容器」も生産する。同紙容器はシングルポーションパックに適しており、ブリスターに包装されるような小型の製品にも適しているという。細かなデザインのエンボス加工や印字プリントにも対応。内側にバリアコーティングすることで液体や粘性、匂いのある充填製品にも対応する。

TPU1000は「2020年ドイツ・パッケージングアワード」の「包装機械」部門にて入賞した。また同社日本法人は、TPU1000によるサンプル製作サービスを開始している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る