新しいものづくりがわかるメディア

RSS


LEGO、大人向けに『バットマン』に登場する「バットウイング」を再現するセットを発売

LEGOは、2020年9月19日、大人向けに1989年公開映画『バットマン』に登場したバットウイングを再現する「LEGO DC Batman 1989 Batwing(1989 バットウイング)」を発売すると発表した。LEGO VIP会員を対象にした先行販売は2020年10月21日から、一般販売は11月1日から開始する。2363ピースからなるセットで、対象年齢は18歳以上。オンラインおよび店舗で購入できる。

今回発表されたバットウイングは、1989年公開のバットマン映画に出てくる機体のデザインを採用しており、その滑らかなフォルムも印象的だ。内部の精巧なディテールに加え、取り外し可能なキャノピーや可動式のフラップなど細部にもこだわっている。さらに、ジョーカーのガス風船が描かれたスクリーンやエンジン部に貼られた「Bat Engine」ラベルなどの「イースターエッグ」もちりばめられているという。このレゴセットを組み立てる人たちは、1989年当時のバットマン映画の世界へと没頭できそうだ。

組み立て後の完成サイズは約520×580×110mmだ。壁に掛けるためのブラケットもセットになっている。既に販売されている「LEGO DC Batman 1989 Batmobile(1989 バットモービル)」と併せればコレクションをさらに充実できるだろう。

LEGOクリエイティブリーダーのJesper C. Nielsen氏は、今回発売する象徴的なバットウイングのセットは、ファンをバットマンのホームグラウンドであるゴッサム・シティへの冒険へといざなうと話す。バットマンやジョーカー、ローレンス・ザ・ブームボックス・グーンといった登場キャラクターのミニフィグを配置してお気に入りの映画シーンを再現することもでき、さらには「ジョーカーが映画『ダークナイト』で発した名言を口にする悪名高いシーンを再現してみることもできるのではないでしょうか」とNielsen氏は語っている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る