新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitとレゴのコンビネーション——STEM教育向けキット「Bit Board」

micro:bitベースのSTEM教育向けキット「Bit Board」がKickstarterに登場し、わずか1時間で目標額の調達に成功している。接続部がレゴブロックと互換で、LED/スピーカー/サーボモジュールと組み合わせてプログラミングできる。

photo

Bit Boardは、学習用マイコンボード「micro:bit」を搭載し、レゴブロックやさまざまな電子モジュールを組み合わせることができる教育向け電子キットだ。

photo

キットには配線用の導電性テープ「Maker Tape」が含まれ、レゴプレートの凸型部分に貼り付けて挟むだけで回路を組めるため、レゴをブレッドボードのように使うことができる。

photo

搭載したMicro:BitsのI/Oピン20本すべてにアクセスでき、センサーやディスプレイ、アクチュエーターなどに接続できるピンヘッダーを備える。さらにリレーも組み込まれており、ハイパワーのDCデバイスの制御にも対応する。

photo

プログラミングはシンプルなウェブインターフェースを介し、ドラッグアンドドロップコマンドを使うため初心者にも簡単。より高度なプログラミングもできるよう、PythonとJavascriptにも対応する。また、無料のオンラインレッスンとプロジェクト事例も提供するとし、初心者がプログラミング環境に慣れるためのステップバイステップガイドや、上級者向けのカリキュラムを用意している。

photo

Bit Boardは、今なら20%オフの20ドル(約2100円)で提供する。USBケーブル、単4電池ホルダー、Maker Tape×5mが付属する。また、レゴプレートやさまざまなコンポーネンツ、収納ケースなどがセットになった「Bit Board Kit」を、同じく20%オフの80ドル(約8400円)で提供する。他にもmicro:bit込みのセットや、内容が充実した「Student Box」、「Makerspace Set」などを用意している。2020年11月の出荷を予定しているが、今のところ日本への出荷には未対応だ。

photo

Bit Boardは、2020年10月24日までクラウドファンディングを実施中。10月16日時点で、2000ドル(約21万円)の目標額を上回る約1万6000ドル(約168万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る