新しいものづくりがわかるメディア

RSS


模型⽤小型モーターで⼒触覚を伝えるICチップ「AbcCore」、リアルハプティクスを適用した装置の構築へ

モーションリブは2020年10月15日、汎用力触覚ICチップ「AbcCore」により、低価格な模型用小型モーターを使って力触覚を伝送する技術を開発したと発表した。同技術を活用すれば、力触覚を持つ装置を低コストで構築できるという。

自在にアクチュエータの力加減を制御できる技術であるリアルハプティクスによる力触覚を有する遠隔操作は、産業用途で幅広く活用検証が進んでいる。しかし、高価格なサーボモーターがリアルハプティクスを適用した装置の構築に必要となるため、装置製作が高コストになる傾向があった。そこで、力加減の制御と力触覚の伝送ができ、力センサーが不要なAbcCoreを活用した。

AbcCoreを利用すれば、低価格な模型用小型モーターを活用できるため、低コストで力触覚を持つ装置を構築できる。そのため、応用研究開発が進んでいる産業分野に加え、家電/ホビー/エンターテイメントなどの幅広い民生分野でも低価格な普及型製品への適用可能性が広がるという。

今回開発した技術は、ベースに模型用小型モータの力触覚制御を使用しているため、モーターを2台使った力触覚伝送だけでなく、モーター単体を使った力加減の計測、制御にも利用できる。モーションリブは、リアルハプティクス技術協済会の加盟企業との共同研究開発の中で本技術の提供を開始するとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  7. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  8. STEM教材が入った箱が毎月届く——電子工作学習キット「NextMaker Box」
  9. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  10. 組み込み用途のRaspberry Pi——最新版「Raspberry Pi Compute Module 4」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る