新しいものづくりがわかるメディア

RSS


模型⽤小型モーターで⼒触覚を伝えるICチップ「AbcCore」、リアルハプティクスを適用した装置の構築へ

モーションリブは2020年10月15日、汎用力触覚ICチップ「AbcCore」により、低価格な模型用小型モーターを使って力触覚を伝送する技術を開発したと発表した。同技術を活用すれば、力触覚を持つ装置を低コストで構築できるという。

自在にアクチュエータの力加減を制御できる技術であるリアルハプティクスによる力触覚を有する遠隔操作は、産業用途で幅広く活用検証が進んでいる。しかし、高価格なサーボモーターがリアルハプティクスを適用した装置の構築に必要となるため、装置製作が高コストになる傾向があった。そこで、力加減の制御と力触覚の伝送ができ、力センサーが不要なAbcCoreを活用した。

AbcCoreを利用すれば、低価格な模型用小型モーターを活用できるため、低コストで力触覚を持つ装置を構築できる。そのため、応用研究開発が進んでいる産業分野に加え、家電/ホビー/エンターテイメントなどの幅広い民生分野でも低価格な普及型製品への適用可能性が広がるという。

今回開発した技術は、ベースに模型用小型モータの力触覚制御を使用しているため、モーターを2台使った力触覚伝送だけでなく、モーター単体を使った力加減の計測、制御にも利用できる。モーションリブは、リアルハプティクス技術協済会の加盟企業との共同研究開発の中で本技術の提供を開始するとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る