新しいものづくりがわかるメディア

RSS


翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功

オランダのデルフト工科大学がKLM、Airbusと共同で開発中の新型旅客機「Flying-V」のスケールモデルが初飛行に成功した。

Flying-Vは、エネルギー効率に優れた新しいコンセプトの長距離航空機。客室、貨物室、燃料タンクを翼と一体化したV字型の機体で、エンジンは翼後縁の上側に取り付けられている。水平尾翼や垂直尾翼は無く、翼端のウイングレットと一体化したラダーで機体をコントロールする。また、フラップもなく、コンコルドのように機首を上げた姿勢で着陸する。デルフト工科大学は、Flying-Vは空気力学的に優れた形状と軽量化により、Airbus A350やBoeing 787に比べ燃料消費は20%少ないとしている。

初飛行に成功したスケールモデルの大きさは、幅3m、重さ22.5kg。ドイツの空軍基地を時速80kmで離陸し、滑走路上空を旋回飛行した。開発チームは飛行によって得られたデーターを元に空力モデルを作り、今後のフライトシミュレーターを使った開発に役立てる計画だ。

実際のFlying-Vは、A350の翼幅(64.75m)と同じくらいの全幅で、標準構成で314人乗り、貨物室の容量は160m3になるという。全長はA350より短くなるようだ。また、Flying-Vは、サステナブルな推進力を目指しており、ジェット燃料の代わりに液体水素を使うことが検討されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る