新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホがなくてもメッセージをやりとりできる——ファミリーロボット「BOCCO emo」

豊かな感情表現ができるファミリーロボット「BOCCO emo(ボッコ エモ)」がCAMPFIREにて出資を募っている。

photo

BOCCO emoは、2015年に発売した家族をつなぐコミュニケーションロボット 「BOCCO(ボッコ)」をベースに、パーソナライズしていく機能を搭載したファミリーロボットだ。

photo

基本機能として、スマートフォンアプリを使ったメッセージのやりとり、リマインダー通知、センサーやIoTデバイスとの連携、天気予報や防災情報の配信機能を備えている。

photo

加えて、高性能マイクアレイ、音声認識技術、シーマン人工知能研究所と共同開発した会話エンジンを搭載。声による操作や雑談に耳を傾けたり、照度、振動、人感センサーを使って周囲の状態を正確に把握して最適な反応を返す。家族の情報を蓄積することで関係性を築いていき、よりエモーショナル(感情的)なロボットへと成長するとしている。

photo

サイズは90×90×150mm、重量400g。電源は100~240Vアダプターで、消費電力6.8W。モデルは、Wi-Fiモデルと、環境センサー付属のLTEモデルの2種類。BOCCO emoをクラウドファンディングするにあたり、本体に同梱するオリジナルの絵本を制作する。

photo

1台につき最大8個接続できるオプションのつみきセンサー(振動、鍵、部屋、人感)と連携すると、家族の帰宅を知らせたり部屋の温度計測ができる。

photo

リターンは、 BOCCO emo Standard(Wi-Fiモデル)が3万3千円、Super Early Bird(Wi-Fiモデル)が2万8千円など(送料税込)。目標額100万円に対し10月20日の時点で300万円以上を集めている。発送は2021年1月以降の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る