新しいものづくりがわかるメディア

RSS


立ち仕事の負荷を軽減——工場向けのアシストスーツ「archelis for Factory」提供開始

立ち仕事の負担を軽減するアシストスーツの開発、販売を行うスタートアップのアルケリスは、工場向け新モデル「archelis for Factory(アルケリス フォー ファクトリー)」の販売とレンタルを開始した。

photo

archelis for Factoryは、医療向けの現行モデルのデザインを工場作業用に刷新したものだ。足に装着し、すねとももで分散して体重を支えるようにすることで、長時間の立ち作業時の足腰の負担を軽減する。装着したままで歩行ができ、電源を使用しないので充電などの必要がない。

photo

SサイズとMサイズが用意されており、Sサイズの装着可能身長が145~165cm、許容体重が65kgまで、Mサイズは身長160~185cmに対応し体重は80kgまでだ。プロダクトデザインにはデザイナーの西村ひろあき氏を起用した。

販売価格は45万円、レンタル価格は月額1万9000円(3年契約の場合、いずれも税別)からとなる。

同社では、2020年10月21日~23日開催の「第3回名古屋ロボデックス」にて同製品の展示および装着体験を実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る