新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エンジニアグレードのフィラメントにも対応——3Dプリンター用ホットエンド「Pico Hybrid」

FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター用ホットエンド「Pico Hybrid」がKickstarterに登場し、人気を集めている。ノズルを交換するだけで、ホビー向けからエンジニアグレードまで広範なフィラメントに対応できる。

photo

Pico Hybridは、3Dプリンターのパフォーマンスと信頼性を最大化するため、素材から作り上げた小型軽量のホットエンド。広範なフィラメントに対応するため、材質の異なる3タイプのノズルを用意している。

photo

本体の長さは51mmで、ヒーター、サーミスター、ファン、溝マウントアダプター込みで重さは28gとコンパクトで軽量。付属のインサートでダイレクト/ボーデンタイプのエクストルーダーに対応でき、アダプターの交換は不要だ。また、アダプターを取り外して多様な取り付けオプションを選択することもできる。

photo

ヒーター(40W)カートリッジのジョイントは金属強化され、さらに120度の回り継ぎ手により不要な負荷や断線を防ぐ。サーミスターも特注の真ちゅうナットとストレインリリーフスプリングにより固定/保護されており、信頼性の高い温度読み取りを保証する。これら優れた温度マネージメントにより、フィラメントの詰まりを防止する。

photo

ノズルは「真ちゅう+テフロンライナー)」、「A2鋼+テフロンライナー」、「オールメタル(A2鋼)」の3タイプを用意している。テフロンライナータイプはPLAやHTPLAなど融点が低いフィラメントに適しており、オールメタルタイプはNylonやPEEKなどの融点が高く高度なエンジニアグレードのフィラメントに対応する。フィラメントの径は1.75/3mmに対応し、ノズルの交換だけで素早く切り替えができる。ノズル径は、0.25、0.4、0.6、0.8mmから選択可能。ノズルはネジ式になっており、指で回して交換でき工具は不要だ。

photo

Pico Hybridの予定小売価格は149.99ドル(約1万5800円)で、今なら129ドル(約1万3600円)で提供する。ノズルは真ちゅう+テフロンライナー0.4mmタイプが付属し、別タイプのノズルはプレッジ後のアドオンで追加購入できる。2021年2月の出荷を予定しており、20ドル(約2110円)で日本への出荷に対応する。

Pico Hybridは、2020年11月6日までクラウドファンディングを実施中。10月29日時点で、4万4444ドル(約468万円)の目標額を上回る約7万ドル(約730万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る