新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エンジニアグレードのフィラメントにも対応——3Dプリンター用ホットエンド「Pico Hybrid」

FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター用ホットエンド「Pico Hybrid」がKickstarterに登場し、人気を集めている。ノズルを交換するだけで、ホビー向けからエンジニアグレードまで広範なフィラメントに対応できる。

photo

Pico Hybridは、3Dプリンターのパフォーマンスと信頼性を最大化するため、素材から作り上げた小型軽量のホットエンド。広範なフィラメントに対応するため、材質の異なる3タイプのノズルを用意している。

photo

本体の長さは51mmで、ヒーター、サーミスター、ファン、溝マウントアダプター込みで重さは28gとコンパクトで軽量。付属のインサートでダイレクト/ボーデンタイプのエクストルーダーに対応でき、アダプターの交換は不要だ。また、アダプターを取り外して多様な取り付けオプションを選択することもできる。

photo

ヒーター(40W)カートリッジのジョイントは金属強化され、さらに120度の回り継ぎ手により不要な負荷や断線を防ぐ。サーミスターも特注の真ちゅうナットとストレインリリーフスプリングにより固定/保護されており、信頼性の高い温度読み取りを保証する。これら優れた温度マネージメントにより、フィラメントの詰まりを防止する。

photo

ノズルは「真ちゅう+テフロンライナー)」、「A2鋼+テフロンライナー」、「オールメタル(A2鋼)」の3タイプを用意している。テフロンライナータイプはPLAやHTPLAなど融点が低いフィラメントに適しており、オールメタルタイプはNylonやPEEKなどの融点が高く高度なエンジニアグレードのフィラメントに対応する。フィラメントの径は1.75/3mmに対応し、ノズルの交換だけで素早く切り替えができる。ノズル径は、0.25、0.4、0.6、0.8mmから選択可能。ノズルはネジ式になっており、指で回して交換でき工具は不要だ。

photo

Pico Hybridの予定小売価格は149.99ドル(約1万5800円)で、今なら129ドル(約1万3600円)で提供する。ノズルは真ちゅう+テフロンライナー0.4mmタイプが付属し、別タイプのノズルはプレッジ後のアドオンで追加購入できる。2021年2月の出荷を予定しており、20ドル(約2110円)で日本への出荷に対応する。

Pico Hybridは、2020年11月6日までクラウドファンディングを実施中。10月29日時点で、4万4444ドル(約468万円)の目標額を上回る約7万ドル(約730万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る