新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、「ISP1807搭載BLEマルチセンサーボード」を販売開始

スイッチサイエンスは2020年10月29日に「ISP1807搭載BLEマルチセンサーボード」の販売を開始した。

ISP1807は、ノルディックのBLE対応SoC「nRF52840」とアンテナを8mm角のパッケージに統合したInsight SiPの超小型モジュールだ。

同ボードはISP1807をメインに、加速度や磁力、ジャイロ、温度、湿度、気圧の計6種類のセンサーを搭載している。CR2025またはCR2032などのコイン電池で動作可能なため、ISP1807の評価ボードとしてだけでなく、ビーコンやセンサーデバイスなどIoTプロジェクトの開発にも利用できる。

ブートローダーはあらかじめ書き込み済みで、Arduino IDEやCircuitPythonを使用してプログラミングできる。タクトスイッチとLEDをそれぞれ2個ずつと、圧電スピーカーも搭載している。基板外形はRaspberry Pi Zeroと同寸法のため、Raspberry Pi公式のRaspberry Pi Zeroケースも利用できる。

スイッチサイエンスのウェブショップで販売し、価格は9570円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始
  2. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  3. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  4. スイッチサイエンス、デジタル出力で物体検出と未検出を伝える「Pololuデジタル距離センサ物体検出型」発売
  5. スイッチサイエンス、SAMD21を搭載した「Adafruit QT Py-SAMD21開発ボード」発売
  6. 指紋検出の仕組みを実装可能な薄型指紋センサー、スイッチサイエンスで販売
  7. 開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」
  8. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  9. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  10. DVDプレーヤーの部品で作るオープンソースプロジェクト、「レーザー走査型顕微鏡」が公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る