新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビー・アンド・プラス、全方位に給電可能な平面型3Dワイヤレス給電方法を開発

ビー・アンド・プラスが、2次コイルがどのような角度でもワイヤレス給電が可能な平面型の3Dワイヤレス給電方法を開発した。

ワイヤレス給電は、2次側のコイルに磁束が通過することで電力を伝送するものだ。しかし、1次側コイルと2次側コイルが直交する角度では2次側コイルに磁束が通過しないため、角度によっては近距離でもワイヤレス給電できないという問題がある。同社ではこれまで、3方向にコイルを立体的に配置して死角をなくす手法も提案していたが、サイズが大きくなったり設置場所が制限されたりするなどの課題があった。

今回開発した新技術では、平面の各方向に磁束を発生させるコイルをクロスさせながら設置し、これによって全方位でのワイヤレス給電が可能になる。従来のように立体的にコイルを配置する必要がないためコンパクトに設置できるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る