新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティング、群栄化学工業の3Dプリント素材「CB50」を正式サポート

XYZプリンティングジャパンは、群栄化学工業のレーザー焼結式3Dプリンター用材料「CB50」を、純正パウダー同様に正式保守サポートサービスの対象とすると発表した。

photo

XYZプリンティングによると、3Dプリンターの使用用途は多岐にわたり、自社の純正材料のみでさまざまな市場ニーズに対応することが困難になってきたという。中でも自動車検査治具に利用可能な3Dプリント材料の開発には、専門的なノウハウが必要になる。

そこで、自動車業界における材料開発で高度なノウハウを持つ群栄化学工業のレーザー焼結式3Dプリンター材料CB50に着目し、XYZプリンティングのレーザー焼結式3Dプリンター「MfgPro230xS」の素材として、純正パウダーと同様の保証対象とすることを決定した。

CB50は、ナイロンとカーボンを配合した高剛性の特殊素材で、実際にトヨタ・シエンタの検査治具とし使用された実績がある。XYZプリンティングは、同材料向けに最適なパラメータ値を提供するなど群栄化学工業と協力してMfgPro230xSでの高精度造形をサポートする。同材料使用時の不具合発生時も、純正材料と同様の保証サービスを提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  7. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  8. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」
  9. ハンディ3Dスキャナー「Einstar」のプロジェクト、Makuakeで開始
  10. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る