新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リアルサウンドをシミュレートできる——ハイブリッドモノフォニックシンセサイザー「Anyma Phi」

モノフォニックシンセサイザー「Anyma Phi」がKickstarterに登場し、3日で目標額を調達する人気ぶりだ。

photo

Anyma Phiは、シンプルなデザインによる使いやすさと、充実した機能による自在なサウンドクリエイトを両立したハイブリッドモノフォニックシンセサイザー。キーボードやデスクに置けるコンパクトさと手ごろな価格ながら、様々なサウンドとエフェクトをプレイできる。

photo

Anyma Phiは、フィジカルモデリング技術によって、ストリングスやリード楽器のアコースティック音源や、ウッド、グラス、メタルなど自然物の音をシミュレートできる。また、キーボード、シーケンサー、ウインドコントローラーといったMIDIコントローラーと互換性があり、スタンドアロン型のエフェクトプロセッサーやギターエフェクトのペダルセットアップの一部としても利用できる。

photo

物理メタファーを辿ることで素早く簡単に音を探索できるマトリックスデザインを採用し、5段階のサウンドジェネレーションそれぞれに4つのマクロが割り当てられている。マトリックスを活用したシンプルなサウンドクリエイトだけでなく、広範な合成技術、エフェクト、モジュレーターをカバーするオシレーターを搭載したパワフルなセミモジュラーシンセエンジンの制御により、あらゆるサウンドをクリエイトしコントロールできる。

photo

本体には、1/4インチモノラルラインジャック出力×2、1/4インチステレオヘッドホンジャック出力×1、1/4インチステレオ入力×1、MIDI入出力(USB、DINポート)を備える。デジタルセミモジュラーシンセサイザーエンジンには、63パッチのメモリー、オシレータースロット×3、エフェクトスロット×5+モノリバーブ×1、ミキシングとエフェクト割り当て用オーディオバス×2、モジュレータースロット×8、それぞれシンセパラメーターのコントロールが可能なマッピングスロット×24を搭載する。

photo

Anyma Phiは、20%オフのKickstarter特別価格399ユーロ(約5万300円)で提供する。2021年4月の出荷を予定しており、日本への送料は25ユーロ(約3150円)だ。2020年12月31日までクラウドファンディングを実施中で、12月25日時点で3万5000ユーロ(約441万円)の目標額を超える約5万9000ユーロ(約755万円)を集め、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  5. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  6. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  9. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る