新しいものづくりがわかるメディア

RSS


壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021

無線周波数技術を使って壁の中をスキャンし、壁の中にある物体を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」が、ラスベガスで開催された国際見本市「CES2021」でイノベーションアワードを受賞した。

開発元のVayyar Imagingはイメージングセンサーを開発し、自動車やホームセキュリティーなどの分野で製品展開しているイスラエルの企業。「Walabot」は同社が手掛けるコンシューマー向け製品だ。CES2021ではWalabot DIY 2だけでなく「Automotive Solution」と「Vayyar Home」の2製品でもイノベーションアワードを受賞している。

Walabot DIY 2は、壁の中を最大4インチ(約100mm)まで可視化できるデバイスだ。乾式壁のほか、ラス下地にしっくいで塗装した壁の中にあるくぎや配管、電線の位置を検出できる。壁の中に隠れているネズミなどの動きを検出することも可能だという。

Walabot DIY 2の使い方は、スマートフォンとワイヤレス接続して壁に押し当てるだけだ。AndroidとiOSに対応し、バッテリーなしで動作する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る