新しいものづくりがわかるメディア

RSS


室内でのウイルス感染リスクレベルを可視化——「Wave Plus for Business with Virus Risk Indicator」 #CES2021

ノルウェーのスタートアップ企業Airthingsの「Wave Plus for Business with Virus Risk Indicator」が、国際見本市「CES 2021」でイノベーションアワードを受賞した。

「Wave Plus for Business」は本来、企業や学校向けに開発された室内空気のモニタリング用機器だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により屋内環境とウイルス感染との関連性に対する関心が高まったことを受け、空気中ウイルスへの感染リスクを可視化できる機能を追加した。

空気中の二酸化炭素レベル、室内の温度や湿度などのデータをセンサーが計測し、独自のアルゴリズムで解析。空気中のウイルス拡散と関係するリスク要因として、空気中でのウイルス生存率、室内の密集度、換気率、空気中ウイルスに対する人体免疫システムの抵抗力の4項目を評価し、学校やオフィスビルなどの建物内におけるリスクレベルを10段階評価で表示する。

リスクレベルは専用アプリのダッシュボードから確認でき、建物内の複数か所で室内空気をモニタリングすることで、どのエリアでウイルス感染リスクが高まっているかを確認できる。リスクレベル4以上は注意レベル、レベル7以上は危険レベルと設定されており、それぞれリスクレベルを引き下げるための行動がダッシュボードに表示される。あらかじめ設定したしきい値を超えた場合、アラートで通知するように設定することも可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る