新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」

Apple Watchをマウントして単眼用ARグラスのように利用できるスマートグラス「ホロスター」が、Makuakeでプロジェクトを開始した。

photo

ホロスターは3Dプリンターで造形したヘッドマウントフレームにApple Watchをセットし、レンズ一体型ハーフミラーと屈折用ミラーによって、Apple Watchの画面を片眼の視界に常時表示させることができるというものだ。

photo

開発元によると、Apple Watchの機能のうち、特に脈拍、血中酸素濃度などの生体情報や、時間、各種通知、スケジュールなどは、常時表示させるメリットがある。Apple Watchが耳元に装着されるのでそのままの状態で通話することも可能だ。生体情報は従来、腕から取得するが、ホロスターではこめかみから取得する。

photo

Apple Watchの世代を問わず対応しているが、常時表示に対応したseries5または6を推奨。ヘッドマウントフレームは38/40mm用と42/44mm用の2種類を用意している。ヘッドマウントフレームはユーザー自身で3DプリントできるようにSTL形式での無償提供を予定している。

photo

支援およびリターンは、「【超早割】ホロスターレンズキット」(レンズ一体型ハーフミラー+屈折用ミラーキット1セット)2500円、「【超早割】ホロスターレンズキット【2セット】」(レンズ一体型ハーフミラー+屈折用ミラーキット2セット)4500円、「【超早割】ホロスターフレーム+レンズキット」(ヘッドマウントフレーム+レンズ一体型ハーフミラー+屈折用ミラーキット1セット)9800円(いずれも税込)などが用意されている。

2021年1月13日時点で、目標金額50万円のところ約25万円の支援を集めている。なお当プロジェクトはAll in型のため、目標金額の達成に関わらず支払いを完了した時点で購入が成立する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る