新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

アフレルがAIロボティクス教材シリーズの新商品 「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」を発売した。

photo

同教材は、教育版レゴ「マインドストーム EV3」と「TensorFlow」を使って深層学習による画像識別を学ぶことができる。

ロボットによる自動倉庫システムの構築をテーマにして、Webカメラを使った「分類する画像データの収集」や、TensorFlowによる「画像データの特徴の学習および分類」などの流れを体験できる。深層学習および画像識別をロボットの動きで確認しながら学習できるのが特徴だ。

photo

具体的な学習内容は、教師あり学習およびCNN(Convolutional Neural Network)の仕組み、データの集め方、TensorFlowを用いたプログラミング、Webカメラによる画像識別、画像データのラベリングとなる。

教材内容は、「教育版レゴ マインドストーム EV3 基本セットV2(SW付)」、「DCアダプター」、「テキスト『ロボットではじめる深層学習 TensorFlow×教育版EV3 画像識別編』」、「走行用楕円コース」、「マイクロSDHCカード(32GB)」、「WEBカメラ」となる。Webからのダウンロードでサンプルプログラムも提供している。

大学や専門学校、工業高等専門学校における工学/情報系データ分析、AI学習のカリキュラムでの活用を見込んでいる。2021年3月26日注文受付分まで、6万3200円(税別)のキャンペーン価格で提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る