新しいものづくりがわかるメディア

RSS


100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊

工学社は、100円ショップで売られている格安電子機器に隠された秘密を探る「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」を、2021年1月26日に発売する。

本書では、100円ショップブランドの各種電子機器を分解し、実際に使用されている部品や基板、回路構成などを紹介している。Part2では、ダイソー以外で手に入る電子機器も取り上げて分解している。機能や外観の似た商品でも販売元によって機能や性能が違い、分解すると各社の特徴が見えてくるという。

取り上げる電子機器は、照明系が「リモコンライト(ライト側とリモコン側)」、「センサライト」、充電系が「ワイヤレスチャージャー」、「乾電池USBチャージャー」、遊び系が「ラジコンカー(本体側とコントローラ側)」、PC関連が「USB光学式マウス」、「ゲーミングマウス」、オーディオ系が「Bluetoothイヤホン」、「ワイヤレスイヤホン」の計9製品だ。

発売は2021年1月26日、B5判112ページで、価格は1650円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る