新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3DデータのAR/MR向けデータ変換ソリューション「mixpace」に表示位置補正機能搭載

3D CADデータなどを容易にAR/MR向け3Dモデルに変換できるサービス「mixpace」に、表示位置のずれを簡単に補正することができる「位置指定ARマーカー機能」が備わった。

photo

mixpaceは、3D CADやBIMで作成したデータを容易にAR/MR対応デバイスで確認可能な3Dモデルに変換できるソリューションだ。一般的に数日かかるAR/MR向けの変換作業を最短1~2分で自動的に完了させることができる。ホロラボが開発しSB C&Sが販売している。

iPadやHoloLens 2などのAR/MR対応デバイスでmixpaceを利用する際には、内蔵カメラの映像や慣性計測装置(IMU)の情報を利用して、現実空間上の自らの位置や向きを判定し、3Dモデルを現実空間に表示する。しかし、利用中に移動したりデバイスを素早く動かしたりすると、位置や向きに判定に狂いが生じて3Dモデルが想定した現実空間上の位置とずれて表示されることがある。

photo

今回新たに搭載する位置指定ARマーカー機能は、移動先のポイントごとに位置合わせ用のARマーカーをあらかじめ設定。移動などの際に表示位置ずれが発生しても、近くのARマーカーを再認識させることで簡単に位置補正できる機能だ。

photo

3Dモデルに対して自由にARマーカーを設定できるため、各ユーザーの利用環境や動線に適した位置にマーカーを設置できる。1つの3Dモデルに対して最大10個までマーカーの設定が可能だ。

同機能を搭載した新バージョンは2021年1月20日から提供開始している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る