新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ピクシーダストテクノロジーズと鹿島建設、空間データプラットフォーム「KOTOWARI」を用いたデジタルツイン基盤を共同開発

ピクシーダストテクノロジーズと鹿島建設は、空間データプラットフォーム「KOTOWARI」を用いたデジタルツイン基盤「鹿島ミラードコンストラクション(KMC)」を共同開発した。

KOTOWARIは、空間データ(3次元点群データや画像データなど)を取得/保存/活用するためのアプリケーションを開発できるプラットフォームだ。空間にある多様な事象をデジタルデータとして取り扱い、統合的に解析する高度なアプリケーションを構築できる。

プラットフォーム上のモジュールを組み合わせ、業種/業態ごとの課題やニーズに合わせたアプリケーションを構築できるほか、センサーの追加/統合/乗り換えにも対応している。

KMCはBIMモデルとセンサーデバイスを用いて、施工中に取得する空間データを蓄積し、施工管理のさまざまな業務での汎用利用を可能とする。蓄積したデータを他のシステムから呼び出して利用するためのAPIを備えており、1次データを組み合わせた2次データを用いて施工中の建物を可視化し、工事進捗を多面的に把握できる。

生成した出来形ビューは、専用の3次元ビューワーで閲覧可能だ。また、現場に設置したWebカメラからKMCにアップロードされた映像は、リアルタイムにWebブラウザーで閲覧でき、過去の画像との差分検出により、変化のあった個所を色分けして表示できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  8. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  9. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  10. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る