新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソラコム、BLEゲートウェイとしても使える「ビーコン対応GPSトラッカーGW」提供開始

ソラコムは、セルラー通信搭載、防塵防水耐衝撃性を備え屋内外で利用でき、BLE(Bluetooth Low Energy)センサーのゲートウェイとしても使える「ビーコン対応GPSトラッカーGW」を、2021年1月25日に提供開始した。

photo

ビーコン対応GPSトラッカーGW は、GPS/GLONASS/みちびきといった衛星を利用した位置情報とビーコンを利用した屋内外の近接検知を組み合わせた動態管理、BLE センサーのゲートウェイ機能を利用した遠隔モニタリングを可能とするデバイスだ 。

photo

アンテナを内蔵し 、充電式バッテリー、温度/湿度/加速度センサー を搭載し、省電力通信のLTE-Mのセルラー通信を利用できる。サイズは約86×51×16mm、質量約78g、電池容量1500mAhだ。

デバイス通販サイト「SORACOM IoTストア」において、GPSトラッカーGW本体とSORACOM IoT SIMがセットになったスターターキットを1万9800円で、BLE温湿度センサー3個セットを4万9800円(どちらも税別、送料別)で提供する。

photo

加えて、スターターキットをより使い始めやすくする、「サンプルダッシュボード」も1月25日より公開した。SORACOMプラットフォーム上でソースコードをコピー&ペーストして、本デバイス専用ダッシュボードを作成できる。この仕組みでは、SORACOM Harvest DataとSORACOM Lagoonを利用することで、データ収集や蓄積、ダッシュボード作成、共有をスピーディに実現できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る