新しいものづくりがわかるメディア

RSS


周産期遠隔医療プラットフォームを提供するメロディ・インターナショナルが第三者割当増資で約1.6億円を資金調達

メロディ・インターナショナルは2021年2月5日、シリーズDの第三者割当増資を実施したと発表した。

今回の増資引受先は、イノベーションディスカバリー1号投資事業有限責任組合をリードインベスターとする複数のVC/投資家で、調達額は約1.6億円に上る。

調達した資金は製品出荷体制の充実や、ユーザーサポートと営業体制の構築に向けた人材育成/採用、ハードウェア/ソフトウェアを融合した次世代遠隔医療サービスの開発体制整備に充てる予定だ。

同社のIoT型胎児モニター「分娩監視装置iCTG」は、胎児の心拍と妊婦のおなかの張りを、病院や自宅などで測れるデバイスだ。おなかにセンサーを当てて計測すると、Bluetooth接続でスマートフォンやタブレットのアプリケーション内に結果が表示され、医師が診断に活用できる。

また、周産期遠隔医療プラットフォーム「Melody i」は、妊婦が計測結果をかかりつけ医師に送信し、遠隔で医師から受診推奨などのアドバイスを得られるコミュニケーションプラットフォームだ。妊婦と医師との連携だけでなく、クリニックからNICU(新生児集中治療室)のある中核病院へのデータ連携にも対応している。

同社は、分娩監視装置iCTGとMelodyiの活用により遠隔で胎児の健康状態をモニターし、分娩のタイミングなどが予測可能となり、国内外の妊婦がより安心/安全に出産できる環境づくりを目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る