新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piベースのプライベートクラウドサーバー「NextBox」

Raspberry Piベースのプライベートクラウドサーバー「NextBox」がKickstarterに登場し、キャンペーン開始後わずか7時間で目標額を達成するほど高い人気を得ている。

NextBoxは、オンラインストレージを構築できるオープンソースソフトウェア「Nextcloud Hub 20」を搭載する小型サーバー。自宅のルーターにLAN接続するだけで、ファイルの共有/同期/バックアップ、アドレス帳、カレンダーなどのクラウドサービスをローカル環境で享受することができる。

NextBox

NextBoxをクラウドサーバーにすれば、機密性の高い情報や個人的な情報をインターネット上にアップロードする必要がなく自分で管理できるので安心だ。NextBoxは、いわゆるオンプレミス型のサーバーだが、クリエイターが提供するプロキシサーバー経由で、または、ダイナミックDNSサービスを使用した外部からのリモートアクセスも可能だ。

NextBox

NextBoxは、Raspberry Pi 4(1.5GHz、4コア、64ビット)ベースで、ストレージはSSD(240GB、480GB、1TB、2TB)またはHDD(1TB、2TB、4TB、5TB)を選択できる。メモリは2GB、4GB、8GB(ただし、2GB、8GBは一部モデルのみ)。OSには「Ubuntu Core 18」を採用している。ソフトウェアは自動更新され、Ubuntu Coreも2028年までセキュリティアップデートが提供される。

NextBoxの価格は、SSD 240GB(RAM 2GB)モデルが189ユーロ(約2万4000円)で、HDD 1TB(RAM 4GB)モデルが250ユーロ(約3万2000円)。出荷は2021年4月の予定で、日本への送料は20ユーロ(約2500円)だ。

NextBoxは1万ユーロ(約128万円)を目標に、2021年3月19日までクラウドファンディングを実施するが、2021年2月15日時点で目標額の5倍を超える約5万6000ユーロ(約720万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る