新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piベースのプライベートクラウドサーバー「NextBox」

Raspberry Piベースのプライベートクラウドサーバー「NextBox」がKickstarterに登場し、キャンペーン開始後わずか7時間で目標額を達成するほど高い人気を得ている。

NextBoxは、オンラインストレージを構築できるオープンソースソフトウェア「Nextcloud Hub 20」を搭載する小型サーバー。自宅のルーターにLAN接続するだけで、ファイルの共有/同期/バックアップ、アドレス帳、カレンダーなどのクラウドサービスをローカル環境で享受することができる。

NextBox

NextBoxをクラウドサーバーにすれば、機密性の高い情報や個人的な情報をインターネット上にアップロードする必要がなく自分で管理できるので安心だ。NextBoxは、いわゆるオンプレミス型のサーバーだが、クリエイターが提供するプロキシサーバー経由で、または、ダイナミックDNSサービスを使用した外部からのリモートアクセスも可能だ。

NextBox

NextBoxは、Raspberry Pi 4(1.5GHz、4コア、64ビット)ベースで、ストレージはSSD(240GB、480GB、1TB、2TB)またはHDD(1TB、2TB、4TB、5TB)を選択できる。メモリは2GB、4GB、8GB(ただし、2GB、8GBは一部モデルのみ)。OSには「Ubuntu Core 18」を採用している。ソフトウェアは自動更新され、Ubuntu Coreも2028年までセキュリティアップデートが提供される。

NextBoxの価格は、SSD 240GB(RAM 2GB)モデルが189ユーロ(約2万4000円)で、HDD 1TB(RAM 4GB)モデルが250ユーロ(約3万2000円)。出荷は2021年4月の予定で、日本への送料は20ユーロ(約2500円)だ。

NextBoxは1万ユーロ(約128万円)を目標に、2021年3月19日までクラウドファンディングを実施するが、2021年2月15日時点で目標額の5倍を超える約5万6000ユーロ(約720万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  4. 産業用パソコンを手軽にIoT化——ソラコム、「SORACOM Onyx LTE USBドングル」発売
  5. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  6. スイスの企業がハイブリッドeVTOL/eSTOLのプロトタイプを開発
  7. micro:bitで小型モーターを回そう——RSコンポーネンツ、「DFRobot 開発キット」発売
  8. 最高時速620km——中国が新型リニアモーターカーの試作機を公開
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る