新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1970年代のチェスコンピュータをジャズコンピュータに改造——ジャズ調コード進行をコンピュータと競う

Leo Neumann/Tonlicht Studio

古いチェスコンピュータを改造し、コンピュータとジャズコード進行を競う「Jazz Champion MK1」が作製された。

Jazz Champion MK1を製作したのは、コンピュータ科学者でオーディオビジュアルアーティストのLeo Neumann氏。ベースになったのは、1978年に発売されたチェスコンピュータ「Chess Champion MK1」の上半分だ。和音のコードネームとチェスの駒の動きの表記は非常によく似ていることから、わずかな変更だけでキーボードを再利用できるようになった。また、Neumann氏は元のテーマに合うステッカーをデザインし、コンソールを装飾した。

ハードウェアには、Raspberry Pi Zeroとスピーカーが付いたWM8960 サウンドカードHATを使用した。従来の4桁7セグメントディスプレイは、より大きな176×220ピクセルLCDに交換して、1970年代の機器にふさわしいシンプルで直線的なフォントもデザイン。さらに、全ての部品を入れられる下半分のケースをPETG素材で3Dプリントした。

一番大変だったのは、調和したジャズのコードをコンピュータに「演奏」させることだったという。Neumann氏は、PythonでpyoモジュールとKivy UIフレームワークを使うプロトタイプ環境を構築。そうして、さまざまなコード生成アルゴリズムをすぐに試してみたり、ゲームロジックで遊んでみたりすることができた。

さらに、テトラッド(4和音)2つを12のキーを使って組み合わせるとその組み合わせは数千通りにもなるが、全て自分でキー入力して音を出してみて、コード進行がどれだけうまくつながっているかに基づいて評価付けした。これらの値の他にヒューリスティクスを追加して、ようやくジャズ調に聞こえるコード進行を生成することができるようになった。

このアルゴリズムは、時に本当に美しいコード進行を生成したり、時には奇妙なハーモニーを生成したりするという。Jazz Champion MK1は、コンピュータが最後に「演奏」したコードと調和するコードを入力すると、ポイントを獲得できるゲームとなっている。コンピュータ側の選択が完璧でない時こそ面白く、プレイヤー側にも勝ち目があるそうだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. CloudLinux、Raspberry Pi向けKernelCareの無償提供を発表
  4. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  5. ゴムのように柔軟、250℃にも耐える——XYZプリンティングから光造形レジン2種
  6. TVリモコンの押したボタンが分かる——ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee Neoモデル」発表
  7. 金属3Dプリンティングで問題となる空孔の発生過程を解明——不安定なキーホールの「崩壊」が原因
  8. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る