新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Monozukuri Ventures、2号ファンド一次募集完了——「安く、早く、安定した」開発体制の確立へ

ハードウェアスタートアップに特化したベンチャーキャピタルのMonozukuri Venturesは、「Monozukuri 2号ファンド」の出資企業一次募集が完了したことを明らかにした。今後は引き続き出資企業を募りながら、国内外のスタートアップへの投資を進める。

「Monozukuri 2号ファンド」の投資対象は、IoT、DX、少量生産に関する先端技術を持つ日米の企業や、スタートアップが開発する製品の試作や少量生産に対応する金型レス製造やバーチャルエンジニアリング技術を持つ企業が対象。1社につき3000万~5000万円を投資する。ファンドの出資企業は京都信用金庫、武蔵精密工業、村田機械の3社で、今後も出資企業を募りながら最終的には40億円規模のファンド組成を目指す。

Monozukuri Venturesは、Makers Boot Camp を運営していたDarma Tech Labsと、FabFoundryが2020年に合併して誕生した企業だ。アシックスとスマートシューズを共同開発したno new folk studio や、アバターロボット「ugo」を開発するMira Robotics 、スマートウインドウのatmoph 、NISSHAからスピンアウトしたmui Lab など、これまで日米合わせて32社に投資し、110件以上の試作プロジェクトに携わっているという。

同社は2021年度の計画として、安価で一定品質の少量生産の実現を目指し、資本提携先である企業と連携してスタートアップに特化した製品開発プロセスの構築を目指すとしている。また、梅小路京都西駅エリアの再開発プロジェクトにも参画し、試作や少量生産可能な拠点の準備も進めているという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る