新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Nexa3D、SLA方式3Dプリンター用高機能フォトポリマー材料3種を発表

光造形(SLA)方式3DプリンターメーカーのNexa3Dは、ドイツの大手総合化学メーカーHenkelとの提携を拡充し、新しい高機能フォトポリマー材料3種を提供すると発表した。

Nexa3D

Henkelは、高機能瞬間接着剤やシール剤などのブランド「LOCTITE」で知られる企業だ。大規模生産およびプロトタイピング用にLOCTITEブランドの高性能フォトポリマー樹脂を開発しており、Nexa3Dはその中の一部について同社と協力している。今回、Nexa3Dが発表した新しいフォトポリマー材料はLOCTITEブランドの高性能素材を使用したもので、「xPP405-BLACK」、「xPP405-CLEAR」、「xPEEK147-BLACK」の3種類だ。

Nexa3D xPP405-BLACK xPP405-BLACK

xPP405-BLACKは、高強度エンジニアリングプラスチックを使用した半硬質材料。優れた耐衝撃性と弾性率に加え、破断伸度(引張伸び)は130%にもなる。ASTM G154規格に基づく促進耐候性試験で紫外線耐候性に関して優秀な結果を出しており、民生用/産業用の最終部品に使うことができる。

Nexa3D xPP405-CLEAR xPP405-CLEAR

xPP405-CLEARは、xPP405-BLACKの特長に加え、優れた透明度と50~60℃の熱たわみ温度を有しており、導光用途のように透明性が求められる最終部品などに使える。

Nexa3D xPEEK147-BLACK xPEEK147-BLACK

xPEEK147-BLACKは、表面仕上げが良好な強靭材料で、荷重たわみ温度(熱変形温度)は最高230℃という優れた耐熱性、強固な寸法安定性を特長とし、工具、成形用途、自動車用アンダーフード部品などの機能部品に適している。

これらの新材料は、Nexa3Dの販売代理店ネットワークを通じて入手することができる。Nexa3Dは、Henkelとのさらなる連携により、Nexa3Dの超高速3Dプリンター「NXE 400」の生産性を生かして付加製造(AM)を迅速に発展させ、さまざまな業界で機能部品を大量生産する道を開いていくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る