新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CYBO、細胞解析技術を用いたアプリケーションの実用化のためインキュベイトファンドから資金調達

CYBOは、細胞解析技術を用いたアプリケーションの実用化のため、インキュベイトファンドを引受先とした第三者割当増資(シードラウンド)により、6000万円の資金を調達した。

同社は、2018年7月に設立された東京大学発の研究開発型スタートアップ。多様な細胞集団から特定の細胞を分離するインテリジェント画像活性セルソーターを基盤技術として、スライド上の細胞を高速3D撮像してリアルタイムでAI解析する細胞スキャナーなどの開発を行っている。

インテリジェント画像活性セルソーターは、細胞を超高速で撮像し、AIでその識別を行って、所望の細胞を分取する技術だ。この細胞分離技術を広く実用化して、リキッドバイオプシー、出生前診断、治療用の細胞加工などのサービスを提供する細胞解析のプラットフォーム企業を目指している。

本資金調達を受け、がん研有明病院と取り組んでいる精度向上と省力化を両立したAI細胞診システムによる子宮頸がん検診の実現を目指す共同研究と、オンコリスバイオファーマと取り組んでいるがんの体外検査薬による血中循環がん細胞(CTC)検査の実用化を推進するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る