新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CYBO、細胞解析技術を用いたアプリケーションの実用化のためインキュベイトファンドから資金調達

CYBOは、細胞解析技術を用いたアプリケーションの実用化のため、インキュベイトファンドを引受先とした第三者割当増資(シードラウンド)により、6000万円の資金を調達した。

同社は、2018年7月に設立された東京大学発の研究開発型スタートアップ。多様な細胞集団から特定の細胞を分離するインテリジェント画像活性セルソーターを基盤技術として、スライド上の細胞を高速3D撮像してリアルタイムでAI解析する細胞スキャナーなどの開発を行っている。

インテリジェント画像活性セルソーターは、細胞を超高速で撮像し、AIでその識別を行って、所望の細胞を分取する技術だ。この細胞分離技術を広く実用化して、リキッドバイオプシー、出生前診断、治療用の細胞加工などのサービスを提供する細胞解析のプラットフォーム企業を目指している。

本資金調達を受け、がん研有明病院と取り組んでいる精度向上と省力化を両立したAI細胞診システムによる子宮頸がん検診の実現を目指す共同研究と、オンコリスバイオファーマと取り組んでいるがんの体外検査薬による血中循環がん細胞(CTC)検査の実用化を推進するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る