新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoTシステム開発の効率化技術を展開するobnizが約2.1億円の資金を調達

obnizの製品イメージ

IoTシステム開発を効率化する技術「obniz(オブナイズ)」を展開するobniz社が、シリーズAラウンドで約2.1億円の資金を調達した。

obnizはハードウェアをAPI化し、クラウド経由でデバイスを制御できるようにする技術だ。使用するプログラム言語やデバイスの設置場所などに依存せずに連携できることで、IoTシステム開発を効率化可能だ。同社からは、IoT向けコントロールボード「obniz Board」やBLE(Bluetooth Low Energy)デバイスのネットワーク接続などを容易にする「obnizBLE ゲートウェイ」なども製品化されており、クラウドサービスとしても展開している。

今回、東京大学エッジキャピタルパートナーズ、三菱UFJキャピタル、西武しんきんキャピタルを引受先とする第三者割当増資によって 総額約2.1億円の資金を調達。これによりシードラウンドからの累計調達額は約3億円になる。

今回調達した資金は、obnizの技術開発やプラットフォーム機能強化を推進するための先行投資に充てる。また、obnizブランドの認知率向上のためのマーケティングなどにも投資する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る