新しいものづくりがわかるメディア

RSS


兼六ジャパン、SLM方式の3Dプリンター製造受託/設備販売事業を提供開始

兼六ジャパンは2021年3月3日、中国の金属3Dプリンター企業「ハンバンユナイテッド3Dテック有限公司(HBD)」との国内総代理店契約を締結したと発表した。今後はHBDのSLM(選択的レーザー溶融)方式3Dプリンター設備の代理販売に加え、部品製造における受託出力サービスを展開する。

兼六ジャパンによると、同社の金属3Dプリンター製品出力サービスは、金型部品や車載関連の部品、医療系部品など、さまざまな金属部品をHBDの金属3Dプリンターを使用して短納期で出力可能だ。3Dデータを提供するだけで、ステンレス鋼(SUS316L)であれば、1g当たり100円で利用できる。

対応材質は、アルミニウム、コバルトクロム、チタン、ダイス鋼だ。対応可能な造形サイズは最大600×600×1000mmまでとなる。造形後の後処理や表面処理にも対応する。

設備の代理販売については、兼六ジャパンが総代理店契約することで、SLM方式の金属3Dプリンター設備が従来より格安で導入できるようになったとしている。設備内の主要部品はドイツ製を採用しており、設備導入サポートだけでなく導入後の定期サポートも提供するという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る