新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitで走る——スイッチサイエンス、2輪バギーロボットキット「:MOVE Motor - micro:bit用シンプルバギーキット」発売

スイッチサイエンスは、micro:bitを装着しモーター2個で駆動する2輪バギーロボットキット「:MOVE Motor - micro:bit用シンプルバギーキット」を発売した。micro:bit v1/v2の両方に対応している。

photo

同キットは、双方向DCモーター、超音波距離センサー、ライントレースセンサー、ピエゾ圧電スピーカー、シャーシにペンを取り付けて描画できるペンマウント、ZIP LED、入力と出力に使用するサーボ接続用2ピンコネクタ、電池ホルダー、電源スイッチを搭載する。

基板上のエッジコネクタにmicro:bitを取り付け、LED、サウンド、モーターの制御、ライントレースなどのコーディングを行える。micro:bitやDCモーターやへの電源供給は、本体に装着してある電池から行う。寸法は、長さ111×幅90(ホイール装着時)×高さ67 mmだ。

内容物は、MOVE Motorシャーシ、ホイール、タイヤ、 チュートリアルやコーディングの説明などが書かれた小冊子(英語)で、価格は3542円(税込)。はんだ付けをしないで、組み立てることができる。なお、micro:bit、USBケーブル(Type-A to Micro-B )、単三電池×4は別途必要となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  4. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  5. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  10. 加工エリアは無限大——折り畳み可能なポータブルレーザー加工機「Optic」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る